ゆらぎ世代の女性の健康と美容をサポートする成分として、広く知られている大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンの中でも、腸内細菌の力を借りることで生み出される「エクオール」という成分が注目されています。

本来、エクオールは大豆イソフラボンを含む大豆食品を摂取することで腸内で生成される成分と考えられていました。

しかし、研究が進むにつれて、エクオールを作る腸内細菌を持っているのは、日本人では約5割ということがわかってきました。 ゆらぎ世代の女性の2人に1人は、大豆イソフラボンを摂取しても、腸内でエクオールを作ることができないのです。

また、エクオールが作れる人でも、現代の食生活においては、1日にエクオール3.0mg程度しか作れていないといわれています。

すべての女性に健康で快適な毎日を送って欲しい。
その想いから、1996年に大塚製薬のエクオール研究はスタート。18年におよぶ研究で安全性・有効性を確認し、世界で初めて大豆を安全性の高い乳酸菌で発酵させたエクオール含有食品「エクエル」を開発しました。

「エクエル」は合成・濃縮・抽出を一切行わず、大豆を乳酸菌で発酵させた「食品」。1日4粒で40代以上の女性の摂取目安量にあたるエクオール10mgを直接摂ることができます。

【エクエルのポイント】

ゆらぎ世代の女性の健康と美容をサポートする成分として、広く知られている大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンの中でも、腸内細菌の力を借りることで生み出される「エクオール」という成分が注目されています。

本来、エクオールは大豆イソフラボンを含む大豆食品を摂取することで腸内で生成される成分と考えられていました。

しかし、研究が進むにつれて、エクオールを作る腸内細菌を持っているのは、日本人では約5割ということがわかってきました。 ゆらぎ世代の女性の2人に1人は、大豆イソフラボンを摂取しても、腸内でエクオールを作ることができないのです。

また、エクオールが作れる人でも、現代の食生活においては、1日にエクオール3.0mg程度しか作れていないといわれています。

すべての女性に健康で快適な毎日を送って欲しい。
その想いから、1996年に大塚製薬のエクオール研究はスタート。18年におよぶ研究で安全性・有効性を確認し、世界で初めて大豆を安全性の高い乳酸菌で発酵させたエクオール含有食品「エクエル」を開発しました。

「エクエル」は合成・濃縮・抽出を一切行わず、大豆を乳酸菌で発酵させた「食品」。1日4粒で40代以上の女性の摂取目安量にあたるエクオール10mgを直接摂ることができます。

【500円引きクーポン】 エクエル 大塚製薬 ×3袋 120粒 エクオール パウチ-大豆イソフラボン